Long after Midnight - とうに夜半を過ぎてBlue Gene の日々のあれこれ。

| ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | MASTERRECOMMEND | PROFILE | LINK |
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カエサル暗殺−ドラマ『ROME』
わうわうで放映中のドラマ『ROME』。毎週二話ずつまとめて放映してるせいもあって、テュニカ姿の脚線美にうひょひょいと言ってるうちにサクサク進んですでに12話まで終った。

ここでついにカエサルが暗殺される。彼が暗殺されたのは元老院にいく途中の列柱廊だったとも、元老院の建物の中だったとも言われているが、このドラマではより劇的な演出を狙ったのか元老院内を舞台に選んでいる。カエサルは数十箇所をメッタ刺しにされ、最後はトーガで自らの顔を覆って死んだという。しかし、死ぬ間際に言ったとされる「ブルートゥス、おまえもか」というセリフはシェイクスピアの創作だそうな。たしかにそういう女々しいというか恨みがましいセリフは言わなそうな気がする。

フィクショナルな登場人物の一人に、ガリア戦争でカエサルとともに戦った第13軍団の百人隊長のヴォレヌスがいる。愚直なまでに不正を嫌う性格をカエサルに買われたヴォレヌスはカエサルの後ろ盾を得て政務官に選出され、さらに元老院入りを果たす。そんな彼の服装の変遷を見るのも面白い。

以下、ヴォレヌスのコスプレ。
こちらは百人隊長の正装。
rome_1

戦時には鎖帷子をつける。
rome_2

チュニカと言われる普段着。
rome_3
ノースリーブのワンピースで、ウェストベルトで丈を調整した。男性はだいたい膝丈くらいで着ていた。下着はつけたりつけなかったり。

庶民のお祝いの食卓。
rome_4
普通に座って食べている。貴族はカウチに寝そべって食べる習慣があった。

余談だが、庶民の食卓にはのらなかったであろう高級食材のひとつにヤマネがある。いまじゃ絶滅危惧種です。とても食べられん。

男性の正装であるトーガ。
rome_5
大きな半円形の布で体を包んだあと肩で畳んで襞をとり、余った布を片手にかけるというとてもめんどくさい服装。おのずと重々しい仕草をとることになる。

元老院議員は白に赤い縁取りのトーガを着る。
rome_6

元老院はこんな感じ。
rome_7
一人だけ右肩がむき出しになっているのはセネカで、復古主義者の彼は昔風の着方をしているという設定らしい。

日本では第一・第二シーズンをまとめて放映してくれるが、本国ではこのカエサル暗殺のエピソードで第一シーズンが終了。第二シーズンはカエサルの後継者の座をめぐるアントニウスと若いオクタヴィウスの争いがメインプロットになる。妻を失ったヴォレヌスとローマを出奔したプッロの運命がどう絡んでくるのか、これからも楽しみだ。

USではDVDが出たようだが、日本でも出かなあ。メイキングとか、コスチュームの詳しい紹介なんかが特典映像でついてくると嬉しいのだが。

関係ないが、日本には「ブルータス」という雑誌がある。たまに特集が面白いと私も買うのだが、この誌名の由来はなんなのだろう。ブルートゥスは日本史でいうと明智光秀と同じくらいのイメージなのだが。
| 映画・舞台・ドラマ | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Blue Gene
スポンサーサイト
| - | 18:29 | - | - | posted by スポンサードリンク|
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://bluegene.jugem.jp/trackback/375
<< NEW | TOP | OLD>>